メークアップ上達備忘録

ページの先頭へ
トップページ > 肌が乾燥しているという方は多いと思いますが

肌が乾燥しているという方は多いと思いますが

肌が乾燥しているという方は多いと思いますが、スキンケアのやり方を変えるだけでびっくりするくらい肌質が改善します。
洗顔用石鹸をもこもこに泡立てて洗い、ぬるめのお湯を使って洗い流すことで乾燥肌とさよならする事ができるのです。

反対に、お肌を乾燥指せてしまう洗顔方法は拭き取り型の洗顔シートを使用することです。

だいじな皮脂も落としてしまうので、このお手入れ方法はおすすめする事ができません。

シミを撃退する飲み物というと赤く爽やかな味わいのローズヒップティーです。レモンの数十倍というビタミンCを摂れる飲み物で内側からメラニン色素ができないようにして、その上、お肌のハリにかかせないコラーゲン(タンパク質の一種で、体の全ての組織に含まれていて細胞同士を繋ぎとめているそうです)の生成を盛んにしてくれるため、紫外線で疲れた肌を元気にし、透明感あふれる肌へ変化していくでしょう。強力な抗酸化作用も持っていて、アンチエイジングにも有効です。

緑茶は、お茶の中でもトップクラスの最近話題のカテキンをたくさん含んでいます。


カテキンは、ビタミンCの酸化を抑えてビタミンCが体内で有効にはたらくようにしています。活き活きした白い肌を保つためにビタミンCは必須の栄養素なので、緑茶からビタミンCとカテキンを摂ることができれば、肌にメラニンが増え、シミの原因になることを抑える効果を望めます。最近、肌にとても年齢を感じるようになりました。笑っていないときでも目尻にシワができていて、悩みの種なんです。
「皺は年輪」の年齢にはほど遠いのに。スキンケアが足りないわけではありません。

忙しくても時間をとるようにしています。それに目元・口元は年齢が出やすいと言われているので、専用アイテムを色々試してみて、潤いを長時間キープできる保湿を怠らなかったのですが、アンチエイジングをまじめに考えようかと思っています。保湿ケアが行き届いていて、肌に潤いがあれば、シミの元になるメラニン色素も増えにくくなります。水分が逃げない、うるおいのあるお肌は肌全体にに水分と油分が最適のバランスでキープされており、整ったきめで肌が守られています。



しっとりしてきめの整った肌はバリア機能も十分で、紫外線によるダメージを減らすことができてシミ予防の効果もあるのです。
お肌が乾燥しないよう、シミ予防のためにも、注意してお手入れして下さい。メイクで年齢を多少誤魔化すことは出来ますけど、肌は誤魔化しが効かない、と感じています。


顔、特に目の下はシワも増える一方ですし、クマもずっと離れませんので、年齢あがるにつれ、この部分について悩む人は増えていくそうです。肌の瑞々しさ、張りやツヤが年を取るに従って少しずつ失われると、肌はしぼんでシワとなります。顔に限定しますが、どの部位のシワで悩む人が多いのかというと目尻や目の下など目の周りや、眉間、ほうれい線などが多いみたいです。気がつけばいつの間にかアラサーになり、日々のシゴトをこなしていたある日の事、鏡をのぞいて自分の肌の汚さにひっくり返りそうになったのです。目のくま、ホウレイ線!無理をして、溜めこまれた疲労を思い知らされた気がしたのです。この日のショックは強烈だったので、私、自分に誓いました。

どんなに疲れて帰ってきても洗顔を始め意地でもしっかり一通りのケアを終わらせて自分の肌を保護しよう、シワの増加を防いで、これ以上老け顔に見えないようにしよう、と心に誓いました。年齢を重ねていくと、気になってくるのがお肌のシミですよね。
ただし、シミの形状やできた場所によって、多数の種類があるため、ドラッグストアで薬剤師さんに相談したり、皮膚科に行けば、薬を出して貰うことも出来るでしょう。でも、シミの全部が薬で治療できるわけではないので、そんなシミの対処にお困りの場合は、外部刺激による治療法であるレーザー照射も一案として、頭に入れるといいと思います。肌トラブルの中でもかゆみの原因は皮膚炎、アトピー性皮膚炎であることも少なくありません。

しかし、肌が乾燥しているということが原因になっていることも多いのです。特に日本の冬は乾燥しがちですから、テレビでも乾燥肌のかゆみ用クリームのCMをよく見ます。これらを使用すると、かゆみがなくなることが多いですが、長引くなら皮膚科で診て貰うことを勧めます。
アレルギーや湿疹などで引掻きすぎたり、強すぎる洗顔を行っていると、死んだ角質が重なって肌が一時的に硬くなりますが、実際には角質より下の層は薄くなっているのです。
もちろん、良い状態ではありません。表皮に過度な刺激をかけつづけると、やがて表皮の下にある真皮にも影響が出てきます。



表皮と真皮の機能が破綻すると、リフト機能が弱まってしまい、張りが失われてたるみやシワができ、肌年齢が進行してしまいます。

たるみが大きいと皺も深くなるので早めのお手入れが大切です。
Copyright (c) 2014 メークアップ上達備忘録 All rights reserved.