Skip to content

日: 2020年6月9日

梅雨の季節に心配なこと。それはカビではな

梅雨の季節に心配なこと。

それはカビではないでしょうか。気温が高く、湿度も高い。

そんな環境では、私達の肌の常在菌も増殖する傾向にあります。

中でも、マラセチア菌(真菌)が悪さをすることによって発症する「でん風」と呼ばれる皮膚の病気は、これは全身、どこにでもできる可能性があります。

でん風は、茶色くて、一瞬、シミかな?と思うものや、白い斑点のように色が抜けてしまうケースも存在します。違和感を感じるようなシミを見つけたら、迷わず、皮膚科へ行ってみるべきです。ここ2、3年前から母親は顔にできてしまったシミにじっと考え込んでいました。

それがどれだけの大きさかはだいたい十円玉の大きさが一つ、少し小さいものが何カ所か左右の頬に散らばっていました。1年ほど前、お母さんの美肌友達より「シミには発芽玄米が効果的」と聴き、すぐに毎食時に可能な限り取り入れてきました。それ故に、シミは薄くなっています。

ニキビになりやすいとお悩みの方には体質(体型や性格など、それぞれの要素がお互いに影響しあって形成されるといわれています)をより良く変える事をオススメします。

ニキビができる要因としては甘い物や油分の多い食べ物を口に入れることが挙げられます。それらを少しも摂取しないというのは大変ですが、野菜や発酵食品などを豊富に摂取する事によって消化能力が上がり、体質(体型や性格など、それぞれの要素がお互いに影響しあって形成されるといわれています)が良い方向に変わることにも繋がります。

お肌のキメを整えるのに大切なのは肌の保湿を念入りに行うことです。スキンがドライになると肌のキメがあらくなってきます。お肌のキメを整えるにはまず洗顔が大切でしょう。

きめの細かいもこもこの泡を造り、ソフトに洗います。および、毎週末に、ピールを取り除くと肌の再生を助けます。その後にアンチ乾燥のケアを行い、毛穴に潤いを与え、毛穴の修復をしてちょーだい。私はいつも、美白に配慮しているので、四季を問わず一年中、美白タイプのベース化粧品を使用しています。やっぱり、使っているのと活用していないのとではまるっきりちがうと思います。

美白種類の物を使い出してからはシミやくすみが言うほどに気に留めなくなりました。「ポリフェノール」は美肌効果を持たらす成分として、注目されています。

代表的な特性がその「抗酸化作用」です。体にとってはあまりよくない活性酸素の働きを抑制して、シミからお肌を守ったり、元からあるシミも改善してくれます。

喜ばしいばかりの結果を持たらしてくれる美肌の友ともいえるポリフェノールですが、残念ながら、体に蓄積されにくいために効果は3時間から4時間しかないのです。いつも不足しないように心掛けることが大事です。お肌のシミを薄くする効果がある飲み物といえば美肌効果のあるローズヒップティーです。

酸っぱくてそのままでは摂れないレモンの数十倍のたっぷりのビタミンCが摂取できる飲み物でくすみ、シミの元を体の内側からなくし、さまざまな要因で傷ついてしまいやすいコラーゲンの生成を助けてくれるので、シミやくすみの予防をし、クリアな肌を手に入れられます。

体の内側の酸化の対抗力にも優れていて、若い肌を取り戻すのにもいいですね。シワの原因をご存知でしょうか。

これはいくつもありますからすが、最も大きな原因とされているのが乾燥なのです。皮膚の水分が不足することで乾燥が進み、シワが発生して、増加することになります。

顏の中でも目尻というパーツは、皮脂の分泌が少ない部分であり他より比較的乾燥に弱いことが知られており、他の部分に先駆けて、小ジワが出てきてしまうようなのです。

それにまた、年齢を重ねていくことにより、皮膚の張りを保つ役割をもつ、コラーゲンやヒアルロン酸が足りなくなっていくので、シワ、たるみは加齢によっても増えていく所以です。ニキビは皮脂により毛穴が詰まってしまって、炎症(原因としては、ウイルスや細菌への感染、外傷や火傷、アレルギー反応などが考えられます)を起こしています。乾燥肌の人の場合は皮脂が少ないことから毛穴の詰まりは起こらないように思ったりもしますが、、実際のところは沿うではありません。皮脂の分泌が異常に少ないと肌は湿度が低下しないように皮脂を大量に分泌します。

その結果、毛穴に目詰まりが発生してしまい、ニキビが発生するというケースが多いです。

お肌の乾燥が気になるという方は多いと思いますが、スキンケアのやり方を変えるだけで見違えるように肌質が良くなります。洗顔用石鹸をもこもこに泡立てて洗い、ぬるま湯で洗い流すことでお肌を乾燥からガードすることが出来るのです。

逆に、お肌を乾燥させてしまうような洗顔方法は拭き取り型の洗顔シートを使用することです。

必要な皮脂まで落としてしまうので、このスキンケアはオススメしません。

Comments closed