Skip to content

日: 2020年7月24日

シミのあるお肌って、なんとかし

シミのあるお肌って、なんとかしたいと思いますよね。

私はスキンケアに高濃度プラセンタ美容液を利用しています。

洗顔後、素肌に最初に丁寧になじませ、潤ってから化粧水、乳液などをつけます。高濃度プラセンタ美容液でケアするようになって、肌のくすみがなくなり、明るい透明感のあるお肌になって、しつこいシミも色がずっと薄くなってきました。

お肌にとって、摩擦刺激があまり好ましくないというのはよく分かっているつもりなのですが、うっかり力を緩めることなくメイク落としをしてみたり、顔を洗ってみたり、仕上げのクリームをこれもまたぐいぐい塗ってしまったりします。メイクオフする際には、お化粧汚れとクレンジング剤を丁寧に溶け合わせるようにし、指の腹を使うように意識して、丁寧にソフトに行なうのが大切です。とにかく、力を入れすぎないようにし、刺激を与えないよう、ソフトに指の腹で丸をくるくると描くようにする、と、まあ、それができれば理想的なのですが、気づくとぐいぐいと強めに洗ってしまったりしがちです。

お肌の渇きを防ぐためには、洗浄力が控えめの刺激が少ないクレンジング剤を使うようにします。落とすのが厄介なポイントメイクは専用のリムーバーを用い、お肌を傷つけないようにしてください。後、洗顔の際もゴシゴシと洗ってはいけません。

キメの細かい泡で優しく洗い、ぬるま湯でしっかり流して下さい。ニキビがひどくなって炎症をおこすと、洗顔の際などに少し指で触っただけでも痛みがあります。ですから、ニキビが炎症を起こしている時には、どんなに気になっても指で触ったりすることは絶対にやめてください。触ってしまうと痛いだけでなく、指から雑菌が入るために、ますます炎症がひどくなります。

ニキビに用いる薬は、いろんなものがあります。

当然ながら、専用のニキビ薬の方が効果的です。

しかし、軽いニキビであるならば、オロナインを使う事も可能です。

効能・効果の欄にちゃんと吹出物ややけど、ひび等と並んで、書いてあります。美肌と歩くことは全く無関係のことのように実感されますが、本当は密接関係にあります。姿勢を正しくして歩くと、お肌へ流れる血流がスムーズになるので、新陳代謝が活動的になり肌を綺麗に出来るのですし、血圧や血糖値などの成人病にかからないためにも効果がでています。お茶にはいろいろな種類があるのですが、その中でも緑茶は近頃話題のカテキンをたくさん含んでいます。

カテキンは、ビタミンCの酸化を抑えてビタミンCの効果をさらに高めてくれます。活き活きした白い肌を保つために有効なビタミンCをたくさん摂りたいところなので、ビタミンCとカテキンを同時に摂取できるなら、メラニン色素が沈着し、シミの元になることを抑える効果を望めます。乾燥肌の人は、毛穴が小さくかつ硬いので、ちょっとの皮脂でさえもすぐに目詰まりします。

これはオイリー肌と同じくニキビができやすい環境なのです。さらに肌の防御機能が低下していることから外部刺激に対して脆く、肌トラブルが起きやすい状態でもあります。ニキビや肌トラブルに陥らないためにも、乾燥肌を改善することをお薦めします。

ニキビの起因となるものは毛穴に汚れが蓄積され、炎症になってしまう事です。特に手で顔を頻繁に触る人は注意して下さい。通常手には汚れがたくさんつきまくっていて、顔にその手でふれるということは顔を汚れまみれにしていることと同じと言えるでしょう。

しわ、しみ、そばかすは肌を老けさせて見えるので、なんとか最小限にとどめておきたいものです。

加齢による肌の衰えを除くと、素肌年齢を一気に進ませる原因は「紫外線」です。

シワの原因をシャットアウトするのが大切です。

具体的には帽子・日傘・ストールなどの活用のほか、日焼け止めを塗るなどして通年にわたり防御して下さい。また、日光に長時間晒された場合は早めに肌を冷やすようにして刺激が少ない化粧水やボディミルクなどで保湿して、気になるシワ、しみを防ぐようにして下さい。

肌の劣化防止に役立つはずです。

Comments closed