Skip to content

日: 2020年8月16日

砂糖など、糖質を摂りすぎる方はちょっと考えて

砂糖など、糖質を摂りすぎる方はちょっと考えてください。

糖質を摂り過ぎると、くすみの原因になるのです。

糖分とタンパク質が結合することで、老化の進行を早める糖化生成物に変化するのです。真皮でコラーゲンが糖と反応すると、糖化産物の色が目立って黄ぐすみが生じたりシミの悪化や、シワ、たるみの原因になったりする事態を招いてしまいます。

繰り返しニキビができてしまう場合は、単に一般的なニキビケアをするのではなく、原因を突き止めた上で最良の治療をしなければなりません。慢性的なニキビの原因として、ホルモンバランスが正常でなかったり、食習慣が乱れていたり、化粧品が毛穴に残ってしまっているなど、原因としては色々なことが考えられます。

繰り返されるニキビの根本的な原因を知った上で、その原因が取り除かれるようなケアをしていきましょう。女性(ならではの視点が重宝されることもある反面、振り回されてしまうこともあるかもしれませんね)のお肌の悩みで、特に30代、40代に多いお肌のトラブルのひとつに、「肝斑」が挙げられます。

左右の目の下の少し頬側にぴったりクマのような感じにできてしまうシミのことです。

肝斑を引き起こす要因として、女性(ならではの視点が重宝されることもある反面、振り回されてしまうこともあるかもしれませんね)ホルモンが関わっているのではないかという説があって、肌に肝臓の不調が現れているといったものではないのです。

肝斑の治療方法としては、トラネキサム酸を摂るとよいとされており、製薬会社や大手の化粧品メーカーより、内服用の薬が開発され、売られています。

肝斑は特殊な症状ですので、一般的なシミ改善法を試したところで効果が期待できないのが実情です。美肌の秘密はズバリ、肌の水分量をいかに保つかという部分につきます。水分が豊富にあればモチモチ・ピカピカな弾力性のある肌になります。

手をかけてあげないとまたたくまに蒸発してしまいます。化粧水で肌を思い切り潤したら、十分な量の馬油クリームで膜を作ってあげるのが一番です。

その名前への信頼感がファンケル無添加スキンケアの特筆すべき点と言っても過言ではないでしょう。当然、その商品の顔ぶれも乾燥、しわ、たるみ、そして美白などの対策を考えたラインナップが充実しています。自分の肌の悩みや目的に適したスキンケアアイテムをチョイスできるのも人気の秘密です。

そももも、ひとりひとり肌質は異なっています。普通肌、乾燥肌、敏感肌など、色々な肌質がありますが、なかでも、敏感肌の人は、スキンケア商品ならなんでも効果があるワケではありません。もし、敏感肌用ではないスキンケア商品を使用した場合には、肌に負担を与えてしまいかねないので、意識(失ってしまうと、時に生命の危険があります)するようにされて下さい。

柑橘類のみかんなどはビタミンをたくさん含んでいるのでお肌のターンオーバーを活発にし、シミのないお肌にするために大事な役割を果たしてくれます。みかんを食べるときには、タイミングに注意してください。朝に食べると、これから紫外線を浴びる時間帯なので、柑橘類に多くふくまれるソラレンという成分が光や紫外線を敏感に受け止める働きをして、逆にシミの原因になることもあるそうです。。美肌やシミ予防を考えて、みかんを食べるのは朝より夜、といえます。

実は肌荒れと吹き出物が関係していることも事実です。ニキビはホルモンの均衡の乱れが主な原因なので、思春期に生じやすいです。だけど、思春期をすぎても発生することがあり、その際は大人ニキビとか吹き出物と呼称されています。大人ニキビの原因の一つが肌トラブルですから、スキンケアやライフスタイルには注意が必要です。洗顔フォームやソープに重曹を混ぜて使ったら、お肌の汚れがとれて、シミも薄くなってきたみたいという声がネットで広まっていますが、場合によっては、お肌が傷ついてしまうため、注意が必要です。

重曹というものは精製度によって、掃除に使われるものもあれば、食品用や薬品用もあります。食用の重曹でも顔を洗うには粒子が荒いため、力を入れて洗わないよう気を付けてください。

洗顔後は化粧水などでお肌をケアし、しっかりとお肌を潤いで満たすようにします。肌荒れ防止の為には、顔を洗い終わったら、即化粧水等で保湿を行ないます。

何を用いるかは、あなたの肌質によって異なってきますし、体調によっても違いますでしょう。いつも化粧水や乳液、美容液を使用するのではなく、肌状態とよく相談をしながらケアをしてください。普段からいろいろな保湿商品を使うと、本来お肌が持っている保湿機能が低下してしまいます。

Comments closed