Skip to content

ふと年齢を意識することってありませんか。私

ふと年齢を意識することってありませんか。私が経験したのは20代後半のときです。

化粧室で同僚と並んでメイクを直しているとき、肌の違いにがっかりしてしまいました。

その週はしっかり寝ていたはずなのにクマがまあまあて、テカリと乾燥もひどくて、疲労キターッと思いました。

その週末にゆっくり眠ったあと、考えました。

疲れを翌日に持ち越すのはしかたないけど、ずっと持ち越していたら老けてしまうんです。

スキンケアは大切なことですから省いてはいけない、自分だからこそできるケアなんです。

後々に繋がる美容を大切にしようと思いました。

こういう手間って、自分自身でしかできないですからね。お肌にダメージがあると、そこがシミになる時があります。日常においては、よく聞くのに日焼けがあります。

熱を持つときや、痛みがなくて、大丈夫そうでも隠れダメージが起こっています。

健康肌の秘訣とは、紫外線対策といっても過言ではありません。ニキビという言葉は、10代までの若い子立ちが使う言葉で、20歳以上になると吹き出物と言うのが普通なんてよく耳にします。少し前に、久々に鼻の頭に大きなニキビを見つけたので、主人に、「あ、ニキビだ」というと、笑いながら、「まだニキビなんて言ってるの?」と、から変れました。四季の変化同様、年齢もごまかしが聞かず、確実にやってくるものだと実感します。

目の下に出てくるクマなどは歳月と共にどうしても表れてくるものですが、本人は早くから気づいていて悩んでいて、なのに何もしていないケースが少なくありません。加齢で表皮が薄くなると急速に弾力性・保水性がなくなり、日光はシミやシワに形を変えて残るでしょう。紫外線対策をするようになっても、いままで日に当たっていた先に挙げたような目元周辺、額、頬骨あたりのシミや皺(あるいはつっぱり)が気になるという人は多いです。

吹き出物を予防するために、毎朝、フルーツを摂取するようにしています。

その季節の旬の果物を欠かさずに摂取しています。食事でフルーツを摂取するようになってから、肌を称賛する人が多くなり、生理前でも、最近は吹き出物が発生しなくなりました。お通じが改善されたことも、ニキビが発生しなくなった理由の一つと考えることができるかも知れません。表面の脂分が汚れをくっつけたり毛穴を塞いだり、黒ニキビになることもたくさんあります。このような肌荒れを何回も続けると、シワやシミ、たるみの要因となります。肌トラブルを防ぐために最大のポイントは洗顔です。大量の泡で丁寧な洗顔をするようにしましょう。ただし、一日にたくさん顔を洗うと逆に肌にダメージを与えてしまいます。年齢は自覚していたけれど、お肌を見たときにシミができていると心が沈みますね。

とは言っても、同じシミでも形や体のどの部分にできるかということで、分類することが可能ですので、ドラッグストアで薬剤師さんに相談したり、クリニックへ行くという対策もあります。

でも、シミの全部が薬で治療できる訳ではないので、あつかいのむつかしいシミに、どうしたらいいか途方に暮れているのなら、外部刺激による治療法であるレーザー照射も可能性として考慮に入れましょう。

顔以外で、思わぬ場所でニキビができやすいところは背中なんです。

背中は自分で確認が困難な場所です、ニキビには、気づけない場合があります。

しかし、背中のニキビでもケアをしっかりしなければ跡になる可能性があるので、気をつけましょう。顔にできたニキビが炎症を起こした場合、顔を洗う場合などにちょっと指が触れただけでも痛みや刺激を感じるようになります。そのため、ニキビが炎症を起こしてしまったら、いくら気になるからといって指で触るのは絶対に辞めて頂戴。指で触ると痛いだけではなく、雑菌が指から入って、さらに炎症がひどくなる可能性があります。

ご存じないかも知れませんが、ニキビの悩みを解消するには、ザクロが効き目があります。ニキビはホルモンバランスが崩れた時や肌の古い細胞と新しい細胞の入れ替えが上手にいかない時に、できるのです。ザクロには、ベタベタ肌の原因となってしまう男性ホルモンの分泌をコントロールし、代謝を上げることができる成分がたっぷり入っているので、徹底してニキビを改善することができるのです。