Skip to content

肌年齢は実際年齢と同じだとは限

肌年齢は実際年齢と同じだとは限りません。

気をつけないでいると一気に老けてしまうので気をつけて下さい。

肌はただ年齢によって老化するのではありません。紫外線が肌年齢を左右すると言っても過言ではないでしょう。効果的にシワを防ぐには、日焼け止めの利用が挙げられます。さらに日傘、帽子(バイザー)などを活用して紫外線に当たる時間を極力減らすことが大事です。

もし日焼けしてしまっ立ときは冷たいタオルなどで、ほてりや赤みがひくまで冷やしたアト、日焼け後専用のエマルジョンなどでしっかり保湿し、積極的にシワ予防を心がけましょう。シミもできにくくなりますし、トータルでアンチエイジングの効果が得られると思います。

煎茶や玉露などの緑茶はカテキンを多く含んでいます。

カテキンは、ビタミンCの減少を防いでビタミンCの作用を補完する役割をしています。

メラニン色素の増加を防ぎ、美白するためには有効なビタミンCをたくさん摂りたいところなので、ビタミンCとカテキンを同時に体内にとりこんでいけば、表皮のメラニンが増えて色素が沈着し、シミになることを抑える効果を望めます。

肌にはその人の正直な年齢がよく表れているように感じます。目の下の部分などは特にシワが多くなるし、クマが出現しやすく、またナカナカ去りませんから、年を取るに従って、このパーツについてのトラブルに悩む人は多くなっていきます。そして肌のつややかさや張りが年を取るに従って少しずつ失われると、これがもれなくシワとして表れてきます。

顏の部分だけみてみますが、シワの悩みで多い部位は目尻や目の下など目の周りや、眉間、ほうれい線などが多いようです。

ここ数年のことですが、特に顔のしわがどうにも気になり、焦燥感を覚えています。その中でも一番困りものなのは目尻にできたくっきりした笑いじわです。目の周りは薄い皮膚だから、しわができやすいと言うことで、スキンケアもしっかり施している訳ですが、皮膚が薄いと言う事は、保湿の力も弱くて乾燥しやすいということもあり、クリームを塗り重ねたりして、何よりも保湿を大事にするようにいつも注意しています。適度な飲酒(適度な量であれば、ストレス解消にもなり、健康にもいいでしょう)は体に良いと言われていますが、喫煙は何もメリットがありません。

肌の下では毛細血管による代謝が休みなく行なわれていますがタバコに含まれる化学物質の影響で毛細血管が収縮する結果、表皮や真皮に必要な酸素・水分・栄養が届かず、老廃物が溜まります。

肌の一番外側にある表皮が劣化するとバリア機能がなくなるので、もっと太い血管のある真皮の機能までが劣化します。

その結果、たるみが生じて最初は小さなシワでも、一度出ると急速に広がってしまうでしょう。

美肌をもとめるなら喫煙は大敵です。ぜったいに辞めましょう。ふと年齢を意識することってありませんか。私が経験したのは20代後半のときです。化粧室で同僚と並んでメイクを直しているとき、肌のちがいにあぜんとしました。

飲みにも誘われないようなお疲れ顔だったからです。

肩こりもひどかったので血行が悪かったのでしょう。すごいクマで(私は地黒なのでパンダかも)、目の下がなんだか青いんです。乾燥シワも目立っていました。CMとかでこういうのってあると知っていましたけど、ショックでした。

そこで発想転換することにしたんです。疲れを翌日に持ち越すのはしかたないけど、ずっと持ち越していたら老けてしまうんです。しっかりケアして栄養を届けてあげてハリを取り戻すための手間は惜しみなくかけていこうと決心しました。

時間を巻き戻すのに比べたら現実的ですから。お肌に出来てしまったシミについては、ご自身のケアでもある程度までは改善の期待が出来ます。ですが、シミを完全に消し去るとなったら非常に大変でしょう。でも、まだ方法はあります。

費用はかかりますが、美容外科を利用すれば奇麗に除去できます。どうしても気になっているシミがあれば、一度、美容外科に相談に行っても良いと思います。

多くのクリニックで無料カウンセリングを受け付けています。食と美、それはニアリーイコールですので、老いに逆らう食べ物を食することで美肌を保持することが可能です。

玄米、ゴマ、魚、シイタケ、豆類、海藻類、イモ類、乳製品、そして野菜や野菜のうち色がくっきりしているトナス、そしてタンパク質をきちんと取り入れることでアンチエイジングが可能です。アンチエイジングとは加齢と戦う抗加齢をあらわしていて、意外と若返りと考えちがいされ沿うですが、単純な若返りとはちがい加齢が進行するのを遅らせ、本来の年齢より綺麗に見せるといった考え方の方が正当な考えなんですね。現在アンチエイジングというものは、基礎化粧品だけではなく、サプリやホルモン治療といった分野でも進化していっています。妊娠してすぐの時期にはホルモンバランスが乱れてしまってますからニキビが出来やすい肌になります。

また妊娠に付随した精神的ストレスもニキビが出来てしまう原因になります。さりとて、抗生剤といったものの使用は出来ません。ホルモンバランスを整えていけるように、この時期にはリラックスして、安静に体を休めておくようにしましょう。