Skip to content

私の母が顔を朝洗う場合、洗顔フォ

私の母が顔を朝洗う場合、洗顔フォーム類は使用しません。母は水だけで顔を洗うことにしています。

母は、洗顔フォームを使って顔を洗うと、貴重な皮脂(皮膚の表面に分泌される脂です)が全部落ちてしまってお肌の健康に良くないから水だけでかまわないという石鹸不必要説をよく話します。そんな母のお肌は65歳に見えないほどピカピカしています。化粧水や乳液をつけないと、どうなるかというと、だいたいの人は肌がボロボロになることを想像するのではないかはずですが、本当はまったく別で肌は強くなります。化粧をするということは肌に悪影響を及ぼすので、それを除去してワセリンだけで肌をいたわってやるのが最も優しいお手入れ方法だと言えます。ご存知かも知れないですが、ニキビを予防するには、沢山の方法があります。一番分かりやすいのは、洗顔になると思います。ただ適当に洗顔するのではなく、洗顔フォームを正しく使うと、よりニキビ予防に繋がります。洗顔が終わったら、化粧水を利用することで、ニキビの予防にはよりいいですね。ここ二年くらい、アンチエイジングについて考えることが増えてきました。

もともと皮膚が薄いほうなのですが、笑っ立ときのヨリ皺が多少はあったけれど、こんなになかったはず!と思いました。肌のお手入れひとつすさまじく、昔からきちんとしています。それに目の周りは温度が低く皮膚も薄いので、しつこいくらいクリームを塗って、水と脂を補充するスペシャルケアを欠かさないようにしています。

これでも万全でなかっ立とは。

毛細血管(動脈と静脈を繋いでいる細い血管をいいます)は皮膚のあらゆる部分を網羅し、隅々まで行き届いているのですが、皮膚のあらゆる細胞に酸素や栄養を届ける通り道となり、細胞からの老廃物を運んでいく通路にもなってます。

大事な毛細血管(動脈と静脈を繋いでいる細い血管をいいます)なのですが、喫煙によって収縮を起こしてしまいます。毛細血管(動脈と静脈を繋いでいる細い血管をいいます)の末端のあたりは狭まって詰まってしまうので、肌の細胞の隅々まで栄養や酸素は行き届かなくなります。必要な酸素や栄養が届かないので、表皮の機能は落ち、肌のバリアとしてのはたらきが弱まり、真皮もそれと伴に機能を弱めてしまうのです。

沿うやって肌は貼りや瑞々しい弾力をなくしてしまうので、しわやたるみが増えてしまうのです。こうしてみると、肌のためには喫煙しない方が良さ沿うです。

肌のトラブルのひとつ、シミが気になるなら、まず、自分でできる毎日のお手入れでトラブルを改善したいと思いますよね。

ただ、それではナカナカ難しいようなケースでは美容(若さやキレイさを保つための努力をするのとしないのでは、年を経るごとに大きく差が開いていくでしょう)外科に行き、レーザーなどの手段を用いてシミを消すことも出来ます。

エステのメニューの中には特殊な光を使いシミ対策を行っている店舗もありますが、病院の皮膚科などでは、さらに確実性の高いレーザーによる治療という方法でシミ消しが可能なのです。

素肌に年齢を感じるのって何歳ぐらいだと思いますか。私は40歳より少し前だと思います。服装が急に中年になるわけではないので、やはり違いは服の本人自身でしょう。眠っても疲れがとれないようになってきて、目の下に大クマが出立て口周りの下がりが目立ってくるころだと思うのです。それより前は、ちょっとぐらい肌がくすんだりクマが出来たりしても、きちんとケアをして睡眠をとった翌朝には復活していたものです。でもこの年齢になるとナカナカ回復せず、肌から疲れが抜けなかっ立と感じる日も増えています。20代と今とではスキンケアの方法も変えていますが、対応しきれていないのかも知れません。

赤ちゃんの肌を守るのも大事ですが、赤ちゃんに触れる自分の肌ケアも同じくらい考えてみましょう。産後はホルモンバランスの大きな変化があり、肌にもトラブル(しみ、しわ、過敏症等)が生じるため、身体的にも気分的にも大きな負担となります。肌のすこやかさを保つエストロゲンというホルモンが少なくなるので、肌は乾燥に傾く場合がほとんどです。夏場は湿度のせいで気づかず、秋になって悪化するので注意が必要です。表皮バリアが薄いので肌が敏感になるので、低刺激で無添加のスキンケアアイテムを選び、うるおいを補填するようにケアするようにしましょう。ベビーちゃんと一緒に使えるケアアイテムもあるようです。吹き出物ケアに栄養管理が必須です。糖質を多分に含んでいる物を取りすぎることは吹き出物の原因になります。特にチョコは脂質も糖質も多いため、あまり摂取し過ぎないようにした方がベターです。カカオの含有確率が高くて糖質の少ない物はお肌にも良い効果があるので、とても食べたい時には成分表を考慮にいれましょう。

10代の時、チョコレートやスナック菓子の食べ方が多いと翌日にはニキビが現れていました。

食べ物がこれほどまでにか代わるんだ、と思ったものです。それから後、年齢が進むと伴に食生活にも注意するようになり、あまり食べないようにしています。そのおかげかニキビも完全に発生しなくなりました。