Skip to content

私の母親の肌はとてもニキビができやすくて、私本人も中

私の母親の肌はとてもニキビができやすくて、私本人も中学からニキビに悩まされ、二十歳を越えた現在でも、よくニキビができてしまうので、顔のお手入れは注意してやっています。また、三歳になる娘もすでに鼻周りの毛穴に角質がつまりはじめています。涙ぐましいことに間ちがいなくニキビができやすい肌になり沿うです。

遺伝とは恐ろしいものだと思いました。

私はエッセンシャルオイルを使って自分が楽しんだり周りの方に楽しんでもらったりしています。

中でもアロマオイルの香りが大変気に入っておりリラックスできます。エッセンシャルオイルは精神的、肉体的健康やストレスの解消、リラクゼーションに効果的なようです。

植物の香りは心身の悩みを穏やかに回復することができますので、スキンケア化粧品のようなものです。肌のキメは、肌の美しさのバロメーターです。これが整っていると美肌ですし、沿うでなければ荒れていることが分かるのです。ではこのキメとは何かというと、肌表面を網の目のように覆う皮溝という線と、皮溝で囲まれた部分である皮丘によって、皮膚表面につくられた模様のことをいいます。

キメの整っている肌の表面では皮丘大きさのちがいがあまりなく整然とよく揃っています。ところが、身体の表面を覆う表皮が水分を失い、乾燥しきって荒れてしまうと、皮丘は形を保てず、整然としたキメの並びは壊されます。荒れてしまった表皮では、ちゃんとしたバリアにならないので、表皮に守られている真皮も、ダメージを受けてしまうことになります。真皮がダメージを受けてしまうと、真皮の働きは肌を支える土台ですから、土台が損傷を受けることで肌は支えを失い、表面にはシワができます。

ちゃんと毎日洗っていても頭皮が痒く、フケが増え立という方は、ひょっとすると敏感肌かもしれません。そんな時は一旦シャンプーの使用を停止しましょう。敏感肌に最適なシャンプーは無添加の石鹸です。余分な成分を除去しているので、肌にも髪にも優しく、刺激が少ないのです。

乾燥肌を防ぐには、洗浄力が控えめの刺激が少ないクレンジング剤を選びます。

落ちにくいポイントメイクは適したリムーバーを使い、お肌を傷つけないようにしてください。

持ちろん、顔を洗う時もゴシゴシと擦らないように注意しなくてはいけません。キメ細かな小さな泡をたてて丁寧に洗い、ぬるま湯でしっかり流しましょう。肌のしみ取りにオキシドールを使うなどという話を聞いたことがありますねが、本来のオキシドールの用途は傷を消毒するものであり、健康である肌に使用するのはとても負荷がかかるのではないでしょうか。

また、オキシドールでヘアブリーチを試された方もいらっしゃるでしょうが、髪に深刻なダメージを与えてしまうでしょう。

どう考えても、肌にや指しいとは思えません。アラサーになりましたが、そんなことも関係なく、しごとに追いまわされる毎日ですが、ある時、何となく鏡を見て、さらにじっくり見て悲鳴を上げ沿うになりました。

鏡に映りこんだ目の下のクマ、はっきり増えているシワ、これらが今の私の生活をその通り表しているように思えました。この日から、私の心境に変化が生まれたのです。

どんなに疲れて帰ってきても本日はもういいや、と諦めたりせず、ケアをきちんと行って、お肌を守ってあげよう、これ以上増やさないために、シワを予防しなければ、と決心したのでした。

強く摩擦をかける洗顔やピーリングで負担をかけると、死んだ角質が重なって肌が一時的に硬くなりますが、実際には角質より下の層は薄くなっています。肌を保護する層が薄くなると水分が失われるだけでなく、必要なケアを怠っていると、やがて表皮の下にある真皮にも影響が出てきます。

このような状態ではリフト機能が弱まってしまい、張りが失われてたるみやシワができ、みるみる素肌年齢が進んでしまい、回復にも時間がかかるようになります。肌トラブルに聴くスキンケア方法のポイントは、顔を洗うことと肌をしっとりさせることの二つです。洗顔に関する注意点ですが、とにかく肌をゴシゴシこすらないようにして洗顔するようにしてください。顔にしっかりと水をつけてから、できるだけしっかりと泡を起こした洗顔料をのせて、泡で洗顔するようしてみてください。

洗顔料をのこさないように、しっかり洗い流すことも大事です。最も多い肌トラブルは水分不足ではないでしょうか。水分量の低下はとてもやっかいで、そこで、誘発されてしわが出来てしまったり、肌荒れになってしまいます。

そんなときにおすすめしたいのが、お風呂から出たらすぐ化粧水をつける事です。

肌が最も乾燥しやすいのはお風呂上りですので、化粧水を10秒以内につけるのが効果的です。