Skip to content

肌にシワができるのは、加齢を

肌にシワができるのは、加齢を初めとして色々な原因があるものの、大きいのは乾燥です。エアコンの風に当たりっぱなしになったり汗をかいて、肌の保湿に関わる成分がいっしょに流れて失われてしまった時などは最大限の注意を払いましょう。

それではこの乾燥にどう対処したらいいかというと、とにかくまめな保湿を心がけることが最も重要だと考えられています。

そういう場合に便利なのがスプレータイプの化粧水です。小さなものを持ち歩いて、思い立ったらひと吹きすると良いでしょう。それと、汗を流した時は皮膚のバリアがなくなっていますので、しっかり保湿をします。アトピーにかかっている人は、肌が敏感な人のために天然成分のみを配合しているようなスキンケアを使うことが望ましいです。アトピーは塩水に接触することで治るという説もあり、風呂桶に塩を入れたり、夏は海に行って海水浴を行ない続けると改善すると言われています。しかし、実は、患部にはかき傷があることがほとんどで、塩水ではとてもしみてしまうのが欠点です。基礎化粧品は誰もが使用するものですが、どうせならばエイジングケアの化粧品を使うほうが良いと考え、基礎化粧品を変えたのです。やはり、自分の年齢に合っている化粧品だったようで、使用してみると肌のツヤ、ハリが全然ちがい随分と化粧のノリが良くなって、こんなことならばもっと早くに使用していればよかっ立と思っているくらいです。

肌のシミが目たつので消したい。有効な治療法は、皮膚科や美容形成外科で行なうレーザーやピーリングなどの専門技術による治療です。これらの治療のいい点は見るからに効き目が分かり、時間をかけずにシミを無くすことが可能なことですね。シミを消すのに病院までは考えてないのなら、薬局やドラッグストアなどの皮膚薬コーナーに置いてある市販のシミ治療薬で内服治療するか、メラニン色素を抑える成分ハイドロキノンが配合された化粧品が美白ケアに効果的です。お肌にとって意外と危ないのは、過酷な夏が終わってホッと油断している秋口から冬、それと季節の変わり目で、この時期、お肌の乾燥注意報が心の中で鳴り響いています。

ちゃんとケアしていないと、目の周りはすぐ小シワだらけになってしまうし、乾燥肌(保湿することも大切ですが、洗浄成分の強すぎる洗顔料を使わないことも大切です)をこじらせて赤くはらしてしまうこともあります。乾燥は軽く考えてはいけません。

こういう時期、スキンケアはお肌の生命線だと思っていますので特に念入りに行っている所以ですが、化粧水や乳液での基本のケアと、近頃それに加えてオイルも使うようになり、大変気に入っています。

オイルもいろいろありますがオリーブやココナッツ、ホホバなど、天然成分の美容オイルをよく使っています。

顔にシミができてくると、実際の年齢より老けて見られるようになります。高齢になっていくにつれて、傷の治りも遅くなり、少しの日焼けでも大きなダメージとなってしまうので、日焼けに対してさらに警戒しましょう。

手軽な日焼け止めや帽子といったもので紫外線を防止するのは持ちろん、アセロラ、ピーマンなど、多くのビタミンCを含んでいる食物を、進んで摂るようにしてください。

皮膚にシワができる原因というのは色々あるのですが、一番大きな原因と考えられているのが、乾燥でしょう。

皮膚の水分が不足することで乾燥が進み、これがシワの発生につながるのです。

ところで目尻はシワの目たつ場所としても良く知られていますが、ここは皮脂の分泌量が少なく、他より比較的乾燥に弱いことが知られており、どこよりも早く、小ジワが出てくることになります。また、加齢による自然な現象なのですが、皮膚の張りのための大切な構成成分・コラーゲンやヒアルロン酸が足りなくなっていくので、シワやたるみは年齢を重ねるにつれ増えていく一方になります。顔を洗う場合、あまりごしごし洗うと乾燥肌(保湿することも大切ですが、洗浄成分の強すぎる洗顔料を使わないことも大切です)には立ちどころに傷がつきますから、なるべく優しく洗顔するようにしてください。あわせて、化粧水は手にたんまりと取り、温めるようにしてからお肌に使用しましょう。

あまり温度が体温に近づくと浸透力がより高まり、より化粧水が肌に取り込まれやすくなります。ここ二年くらい、アンチエイジングについて考えることが増えてきました。笑いシワならいいじゃないと言われますが、笑っ立ときの目尻と口元のシワが多少はあったけれど、こんなになかったはず!と思いました。

そのあたりのお手入れは、費用や時間をとっていて、季節によって変えたりしています。乾燥しやすく皮膚が薄い目もとについては、クリームとジェルの合わせテクニックで潤いを長時間キープできる保湿を行っています。年齢に合わせて、そろそろケアも変えどきなのかもしれません。

脂っぽい肌の場合、水分が満足に行き届いている肌質に見えますが、実は潤いが足りていない状態、という場合が多いです。肌の表面にカサツキが見られないのは、テカテカな肌は皮脂の分泌が活発におこなわれている状況なので、外的な刺激による乾燥は防げる傾向が多いためです。でも、この皮脂がが原因でお肌がトラブルを起こすことになりますから、洗顔でほどほどの状態にする必要があります。