Skip to content

秋冬の乾燥シーズンに加え、時節の変わり目に

秋冬の乾燥シーズンに加え、時節の変わり目には肌の乾燥に気をつけている人は多いようです。

特に、皮膚の薄い目尻や目の下、口元などは乾燥の影響を直接受けてシミやシワが出やすいですし、アレルギーやアトピー体質の人だと赤く腫れて、しつこい痒みに悩まされることもあるようです。乾燥防止の目薬(点眼薬や点眼液を指すのが一般的でしょう)をつかっている人もいるようですが、肌にも潤いを与えてあげてください。

目の周囲には通常のお手入れのほかオイルをプラスしてあげると良いでしょう。

精製された天然オイル(アレルギーが出にくい)を使ったり、伸びが良いものなど、しっとり、サラサラなど、好みに応じて選ぶと良いでしょう。にきびを防ぐために、私は毎朝、果物を食べるようにしています。

その時の旬の果物を必ず食べています。果物を食べるようになってから、肌を称賛する人が多くなり、生理前でもにきびが発生しなくなりました。

便秘(場合によっては、排便できても残便感があったり、口から便臭がすることもあるでしょう)が治ったのも、皮脂腺の炎症が発生しなくなったワケの一つと考えることができるかも知れません。

にきびが前髪のあたる辺りにたくさん出てしまった時に、化粧でも隠せないほどの状態だったので、先生に診てもらうことにしました。医師から、薬を処方するので、塗布して下さいと言われ、ステロイド系の薬を塗るようにと、処方してもらいました。ステロイド系の薬はすぐに効果が現れますが、弱い薬ではないので、状態が改善してきたら塗る回数を僅かにしないと駄目なそうです。

芸能人の肌をテレビで見ると全くシミのない美しいものですよね。

でも、やはり人間は人間ですから、実際には、お肌に悩みがあるのです。言うまでもなく、人前に出ることがしごとですから、我々とは比べられないほど、気を使わざるを得ないでしょう。そのやり方を参考にしてみれば、日々の肌のお手入れにいかせるかも知れません。

実はにきびケアに栄養コントロールが必須です。脂質、糖質を多く含んでいる物を摂り入れ過ぎることはにきびの要因になります。特にチョコは脂質も糖質も多いため、あまり取り過ぎないようにした方がいいです。

カカオの含くまれる確率が高くて糖質の少ない物はお肌にも良いので、やむを得ず食べたい時には成分表を考慮にいれましょう。炎症を起こした状態のにきびは、洗顔の時などにちょっと触っただけでも痛みを感じてしまいます。ですから、にきびが炎症を起こしてしまったら、いくら気になっても決して指で触ってはいけません。

触ってしまうと痛いだけでなく、それが原因で指から雑菌が入って、もっと炎症がひどくなる可能性があるのです。敏感肌は、大変デリケートなので、洗顔方法が不適切だと、肌のトラブルが起きることがあります。メイク落としの時、力をいれて顔を洗いたくなりますが、敏感肌の人の場合、力を入れて顔を洗ってしまうと、特に肌荒れ(生活を改善することが何よりも大切でしょう)を起こすことがあるのです。適切な洗顔方法で敏感肌のケアをしましょう。お肌の悩みと言えば、シミが多いことです。紫外線による日焼けや加齢などで、シミの原因となるメラニン色素が生成され、沈着するからで、シミができると、実際の年齢以上に年上の印象を与えてしまうでしょう。

顔にできてしまうのはものかなり気になってしまうのですが、毎日の肌の手入れでシミを防ぐことが可能と言えますし、シミができてしまっても、消す方法があります。年齢が進んでくるにつれ、肌持ともに年をとっている気がします。目の下に出てくるクマや以前より増した目周りのたるみなど、誰もが鏡の前で悩んでいるのです。

年齢と同時に肌は薄くなり時節のダメージを強く受けるようになり、しみやしわが目立つようになります。いまは優れたUVケア製品が多いですが、昔はさほどカバーできていませんでした。

先に挙げたような目元周辺、額、頬骨あたりのシミや皺(あるいはつっぱり)が気になるという人は多いです。お肌にダメージがあると、そこがシミになる時があります。例として、日焼けです。熱をもつときや、痛まないときでも本当は軽い炎症が発生しているといえます。スキンケアの基礎とは、紫外線が鍵なのかも知れません。