Skip to content

20代は肌の力を過信しやすいもの。いまきれいだから

20代は肌の力を過信しやすいもの。いまきれいだから、「私の肌はだいじょうぶみたい」なんてのんびりしていると、数年後にがっかりするかもしれません。あなたが無縁だと思っているシワですが、実は20代でシワの基礎が着々と造られているんです。

乾燥を放置したり紫外線ケアが不充分だと、シワが出来る要件は整っています。いま大丈夫だとしても、それは回復力が上回っているからにほかなりません。

実際には表皮より深いところでダメージが積み重なっているのです。

30歳の自分がどんな肌でいたいのかをイメージし、20代半ばを過ぎたら目的を持ったスキンケアは必要不可欠だと思います。

つい最近、毛穴の黒ずみの対策として、クレンジングを新しいものに変えました。

地中海の泥が配合されているクレンジングで、これでマッサージを優しくおこないながら洗うと、毛穴にある汚れがしっかり落ちてくれる沿うです。

しばらく使っているうちに、目立っていた黒ずみが減ってきました。なので、なるべく早くすべての毛穴の黒ずみを減らしてしまいたいと思います。肌の表面のなめらかさは、表面にある溝(皮溝)と盛り上がった部分(皮丘)の配置で決まります。整った肌というのは、溝と丘のバランスが良いうえ模様自体が細かいです。

逆に表皮の乾燥を繰り返してきた部分ではこの模様が大きくクッキリしています。肌の一番外側にある表皮の保護機能が極端に弱まるので、皮膚(年をとるにつれて、トラブルが起こることも多くなります。

また、新陳代謝のスピードも低下してしまうものですよね)の深い部分にまでダメージが及びます。弱った土台では今までと同じように肌を支えることが出来ず、当然の結果として「しわ」が出てくるのです。顏のシワには困ったものです。できれば、消せるものなら消したいものです。

さてそのシワがどうしてできるのかということですが、これはズバリ老化であり、もう一つ、紫外線の影響によるものです。できてしまったシワをどうこうするのは難しいですが、防ぐために紫外線をカットできる日焼け止めを利用したり、日傘や帽子も使って一年を通して紫外線対策をおこない、もしも日焼けをしてしまったのなら、放置しておかず、すぐに肌を冷やしてほてりをとり、化粧水を吸収させたら、美容液でしっかり保湿して、シミやシワ、肌の乾燥を防ぎましょう。

こういう予防、ケアを積み重ねることが、結果としてはアンチエイジングになっていきます。

近頃、肌の衰えが目立ってきたかもしれない、そのように思う方はスキンケアで肌の若返りを体験しましょう。一番効果があるのは保湿化粧水を使ってお肌をしっとりさせることです。乾燥はシワを増やすことになりハリはなくなるので、特に、ヒアルロン酸などが配合されている化粧水で、しっかりと潤す事が肝心です。目立ち初めたシミを薄くする方法(事前に調べることで失敗の確率を減らせることもあると思います)も様々ですが、一番効率がいいと感じたのはプラセンタ(原料と含有量には十分に注意すべきでしょう)をぎゅっと凝縮させた美容液を使用することです。肌なじみがよく、奥まで染み込むのが実感可能です。ずっと使っているうちに目立っていたシミも消えてきたため、引きつづき使用してシミを消しさろうと思います。

ひどいニキビに悩まされているからといって顔を洗いすぎてしまうと、必要な油脂をも洗い落としてしまい、ニキビがひどくなる場合もあります。

多く洗うとしても洗顔は一日二回までを守りましょう。大切なことは洗顔料をしっかりと泡たてて、肌にはじかに手を触れさせずに、あくまでも泡だけで顔を洗うこと、洗顔後は間を空けず保湿をすることです。毛穴ケアで重要なのは保湿をして潤いをもたせることじゃないでしょうか。肌の潤いが保てないとと肌がざらざらした感じになってきます。

お肌のキメを整えるにはまず洗顔が大切です。

ホイップクリームのように泡たて、優しく洗います。

後、週1ぐらいにピーリングをすることで、肌が生まれ変わるのを助けます。

その後に潤いを与え、お肌をととのえ、毛穴の修復をして下さい。美肌を保ちたいなら、顔を洗う際は見落としがちな髪の毛との境界線などの部分まで、きっちりとすすぎ終えましょう。

洗い落とせたら、タオルを使いやさしく押さえるようにして水分(動物は水分をこまめに補給しないと、脱水症状になってしまうといわれていますね)を取り除きます。必ず、強い力で拭いたりしないで下さいね。

むろん、清潔なタオルの使用が、前提となっています。肌に対して、刺激や摩擦を与えるのはNGだということは重々承知の上なのですが、つい、力をぐっとこめてメイク落としをしてみたり、顔を洗ってみたり、仕上げのクリームをこれもまたぐいぐい塗ってしまったりします。メイクを落とす時には、メイク汚れを浮かせるようなイメージでソフトに化粧となじませ、指の腹を使うように意識して、丁寧にソフトに行うのが大事です。

何にしても、力を加減することが大切で、摩擦刺激をできるだけ避けるように、優しくクルクルっと丸を描くみたいに、というのが理想(もし、得られたと思っても、こんなはずじゃなかったと思ってしまったり、さらなる欲望が湧いてくることも多いようです)的なやり方ですが、うっかり力を入れてケアしています。