Skip to content

実際、オキシドールで肌のしみ取りを行うという話を

実際、オキシドールで肌のしみ取りを行うという話を聞いたことがあるのですが、傷口などの消毒液であるオキシドールを、健康である肌に使用するのは大きなストレスになりそうです。オキシドールを使用する事で髪の毛のブリーチをした人もおられるかと思いますが、一発で髪に深刻なダメージが出ます。

誰が考えても、肌に良いとは思えないでしょう。

疲労に年齢を感じる事はあったのですが、最近は肌に年齢を感じるようになってきました。笑いシワならいいじゃないと言われますが、笑ったときの目尻と口元のシワが多少はあったけれど、こんなになかったはず!と思いました。

肌のケアは夜遅く帰宅しても、ちゃんとしているつもりです。

目の周りは温度が低く皮膚も薄いので、しつこいくらいクリームを塗って、長時間しっかり効く保湿を欠かしたことはないですが、エイジングケアに切り替える年齢に差し掛かったのかも知れません。表面の脂分が汚れをくっつけたりニキビと変化することも多いです。このような肌トラブルの繰り返しにより、シミ、たるみが残ってしまいます。その予防のためにもっとも重要なのは洗顔です。たっぷりと泡立てた丁寧な洗顔を行うようにしましょう。

ただし、一日に何回もの洗顔は、む知ろ肌を傷めてしまいます。

肌にできたニキビを無理やり潰すと、膿が中から出てきます。

さらに潰してしまうと芯が出てきます。それがニキビの原因なのですが、無理やり潰して芯を出すことはあまりお奨めしません。無理やりに潰してしまうのですから、より炎症が広がります。

ニキビ跡として残ってしまう畏れもあるので医薬品などをつけてじっくりと治しましょう。肌にできてしまったシミ、どうにかならないかと思いますよね。

いっつものお肌のお手入れとして私は、プラセンタ美容液を取り入れているのです。洗顔後、素肌に最初にしっかりと染み込ませてから、他のスキンケア用品を使います。今のプラセンタ美容液を使うようになってからは、肌のくすみがなくなり、明るい透明感のあるお肌になって、嫌なシミもまあまあましになってきました。煎茶や玉露などの緑茶はカテキンがとても豊富です。カテキンによって、ビタミンCの減少が抑えられビタミンCの作用を補完する役割をしています。

活き活きした白い肌を保つためにビタミンCの力は欠かせないので、ビタミンCとカテキンを同時に摂取できるなら、肌にメラニンが増え、シミの原因になることを抑制する効果があります。ちかごろでは、オールインワン化粧品がすっかりトレンドになりましたね。その中でもエイジングケアと称したオールインワン化粧品には、どこの会社も開発に力を入れているようです。コラーゲン(タンパク質の一種で、体の全ての組織に含まれていて細胞同士を繋ぎとめているそうです)、ヒアルロン酸、セラミド(加齢と共に減ってしまうといわれており、乾燥肌や敏感肌などにつながってしまいます)というような肌の保湿と関連するものが多く見られますが、アスタキサンチンが目を引いていることもあり、色の赤いエイジングケア化粧品が人気になってきています。敏感肌イコール乾燥肌といっても良いくらいそれらは近い原因だということがあるといえます。乾燥肌となってしまえば、少しだけの刺激をうけても過敏な反応を起こし、皮膚に赤みやかぶれ、腫れといった肌トラブルが発生してしまいます。肌表面の角質層が薄くなったために、外部から、刺激を肌が内側まで通しやすくなっているのがその症状のワケです。何とかして肌のシミを消す方法はいくつかあるのですが、私に一番合ったのはプラセンタが配合された美容液を肌に優しく叩き込向ことなのです。

角層までしっかりと届くのが実感としてわかるのです。

ずっと使っているうちに目立っていたシミも消えてきたため、シミができる前の肌に戻るまで使ってみようと思っているのです。

肌トラブルとニキビが関係していることもあるんですね。というのも、ニキビはホルモンバランスの悪化が主な原因なので、思春期に現れやすいです。

とは言え、思春期をすぎてもできる可能性があり、その時には大人ニキビとか吹き出物と銘うたれています。大人ニキビの原因の一つが肌トラブルですから、肌の手入れや生活習慣には気をつけてください。