Skip to content

日: 2021年3月31日

アンチエイジングはどのタイミング

アンチエイジングはどのタイミングで初めるべきかというととにかく、早いうちからやる事が重要です。

遅くなっても30代には初めておかないと間に合わないです。特に目の周辺の皮膚は薄いため、目の周辺の保湿は本当に必要です。後、コスメ化粧品だけに拘るのではなく、バランスの良い食生活を送り、生活リズムを一定にして暮らすことが重要です。

四季の変化同様、年齢もごまかしがきかず、確実にやってくるものだと実感します。快活に見える笑いジワや以前より増した目周囲のたるみなど、加齢の兆候には誰もが不安(瞑想する習慣をつけると、いいといわれているようです)を感じているはずです。

加齢で表皮が薄くなると急速に弾力性・保水性がなくなり、年輪が肌に残るようになります。比較的皮膚の薄い目の周りやデコルテ周辺のシミやシワなどは、あとからでも集中的にケアが必要です。

毎日洗顔などで綺麗にしていても、ニキビができてしまうということは誰しも感じることがあると思われます。ニキビを防ぐには、清潔にするため洗顔などに気を配るのは当然のこと、栄養をしっかり摂って夜はよく寝るといった体調の管理も大切になります。敏感肌の悩みは、水分不足によることが殆どですが、自分に合わない化粧水であれば、かえって悪化指せてしまいます。肌質に合致している低刺激の化粧水を使うことで、たっぷりと保湿を心がけてちょーだい。

ダブル洗顔は肌へのダメージが大きいので、低刺激の肌に合ったメイク落としで、ちゃんと落とすようにしてちょーだい。気がつけばアラサーになっていて、しごともあれこれ任されるようになり、毎日忙しくしているのですが、ある時、鏡に映った自分の姿を見ておもったよりビックリしました。鏡に映りこんだ目の下のクマ、はっきり増えているシワ、これらが今の私の生活を突きつけられた気がしました。この時のことをきっかけとして、私は決心しました。どんなに疲れて帰宅しても面倒がって洗顔すらできないまま朝まで眠ってしまったりせず、するべきケアをちゃんとして、肌を大事にしよう、顏のシワをこれ以上増やさないよう、全力を出沿うと思いました。洗顔料を残してしまうと、肌の状態が荒れてしまうこともあるので、慎重にすすぎを行ないましょう。洗顔をちゃんとした後には、使うのは、化粧水や乳液など、保湿をしっかりとやることが重要です。保湿をやらないと肌が乾燥してしまい、シワが発生しやすくなります。保湿をきちんと実行できれば、シワができないために、効果的な予防・改善です。

女性特有のニキビを起こすと考えられるひとつの原因に女性ホルモンの調節機能の乱れがあると思われます。

ホルモンの乱れは、ストレス(うつ病やPTSDの原因にもなります)が原因となってすぐに乱れを生じてしまうと公言されています。また、特に生理前の時期は女性ホルモンの分泌を大きく乱してしまいます。

生理前になるとニキビに悩む女性が多くなるのもこの女性ホルモンの乱れこそが原因なのです。

皺をとって顔の表情を一変指せてしまう「しわとりテープ」。

美容系タレントさんがテレビで必携グッズとして披露したため、話題になりました。

貼っているだけとは思えないほど効果絶大ですが、長時間つけたままにしているとただでさえシワのある部分の肌は薄いので、使用した部位によっては腫れや湿疹、赤みが出ることもあるようです。

カラコンなどと同様、しわ取りテープもトラブルが生じない程度に、依存しすぎないことが大事かも知れません。ニキビと食事は切っても切れないほどつながっています。

正しい食生活をすることはニキビも改善されます。食事は野菜中心の献立にして、ビタミンやミネラルを意識して摂取しましょう。

食物繊維が豊富な野菜中心の食生活は、便秘を解消する側面もあり、ニキビを減らす効果があります。

梅雨と言えばやはり、カビが心配な季節ですが、気温が高く、湿度も高い。そんな環境では、私達の肌の常在菌もいつもより多くなります。

真菌の一種である、マラセチア菌が原因とされるいわゆる「でん風」という皮膚病がありますが、これは顔、腕、足、オナカ、背中。

つまり、どこに出る可能性もあり、なのです。

でん風の中には、一般的なシミとそっくりで茶色をしているものや、真っ白い、色素落ちのような症状を起こすものもあります。

なんだか変だな、と思う場合は、勝手に「シミだ」と判断せず、皮膚科へ行き、医師に相談すると良いでしょう。

Comments closed