Skip to content

日: 2021年4月7日

洗顔をする場合、ごしごしと洗うと乾燥した肌にはすぐ

洗顔をする場合、ごしごしと洗うと乾燥した肌にはすぐに傷がついてしますので、なるべく優しく洗顔することをして下さい。その上、化粧水は手にたんまりと取り、手の温度で温めてからお肌に使用しましょう。温度が体温に近づいてくると浸透力が一段と高まり、より肌に化粧水が吸収されやすくなります。

以前、美白重視のスキンケア産品を使用していましたが、肌とすれ違いになり、保湿とアンチエイジングに、力点を置いた製品へ乗り換えました化粧水が何種類(まずはこれを把握することが第一歩となるでしょう)あるのに当初は戸惑いましたが、冬のピークでなければ洗顔後のスキンケア方法はこれのみでOKです。冬場には夜間のケア時に美容のクリームを施すだけという簡単なものになりました。出産後の赤ちゃんのスキンケアについて書いた記事は多いですが、ママの肌について書かれていることは少ないように感じます。

ホルモンは生理周期でも変化しますが、妊娠により数ヶ月以上安定していたあとは影響が大聴く、しわやシミ、肌のたるみなどが起きます。個人差はありますが、ある程度は自然な反応と言えるでしょう。

2つある女性ホルモンのうちエストロゲンが減少するので、肌の乾燥がひどくなるため、以前から部分的な乾燥状態だった部分に色素が定着すると、なかなかとれないようです。また、肌が刺激に弱いのもこの時期の特長です。外からの影響を受けやすいため、産後の肌質の変化に対応するには、極力マイルドで添加物の少ない化粧品で保湿に重点を置いたお手入れをしましょう。赤ちゃんはどこに触れてくるかわからないですから、安心できるものを使いたいものです。肌のくすみは、紫外線やターンオーバー周期の乱れによって引き起こされるとも言われます。不調がちなお肌の調子を整えるものとして、アロマオイル(精油をキャリアオイルやアルコールといったもので薄めて、香りを楽しむのに使います)があるみたいです。中でも新陳代謝をアップさせ、ターンオーバーを促進する効果のあるネロリ、血液の循環をよくしてくれるゼラニウムなどは、肌のくすみ解消にはもってこいです。

たとえばマッサージに利用するのもありですし、スチームの容器に何滴かたらして使用してみるのも手です。肌が荒れて乾燥しているために布団から出ています。お肌を守ってくれるクリームを多めに使うといいでしょう。

乾燥した肌を放っておくのはしない方がいいです。肌を清潔にするためには、洗顔することが大前提ですが、必要以上に洗顔すると、かえって肌を傷つけてしまいます。

朝の洗顔はおこなわないか、気休め程度に行なうのが良いです。

ニキビというのは、若い子立ちが使う言葉で、20代以上になってしまうと吹き出物と言うのが普通なんてよく聞きます。

この前、何年ぶりかで鼻の頭に大きなニキビが現れたので、主人に、「ニキビができちゃった」というと、笑いながら、「もうニキビなんていう歳じゃないのに?」と、バカにされてしまいました。肌のキメは、肌の美しさのバロメーターです。これが整っていると美肌ですし、そうでなければ荒れていることがわかります。ではこのキメとは何かというと、肌表面を網の目のように覆う皮溝という線と、皮溝に囲まれた小さい部分である皮丘が織り成す模様のことです。

キメの整っている肌の表面では皮丘大きさの違いがあまりなく整然とよく揃っています。ところが、皮膚の構造として一番外側に位置する表皮が乾燥し、荒れると、キメの模様は形を保っていることができず、崩れていきます。

表皮が荒れて、バリアとしての機能が上手くはたらかないでいると、表皮が守るべき真皮も、ほどなく損傷を受けることになるのです。真皮は肌の土台というはたらきがあり、真皮にまでダメージが及ぶと、土台としての力が弱まって肌を支えていられなくなり、肌表面にシワを生みます。美しい肌の秘訣をハッキリというと、肌の水分量をいかに保つかという点です。高い水分量ならばモチモチ・ピカピカな強い弾力をもった肌になります。水分はケアをしてあげないとすぐに乾燥してしまいます。潤沢な化粧水でお肌を湿らせたら、馬油クリームで十分に膜を作ってあげるのが一番です。

スキンケアは欠かしていないのに気がつくと、顔にシミができたという経験ありませんか?シミのない顔を手に入れたいという方、シミ対策として薬による治療も効果的なのです。シミにも種類(まずはこれを把握することが第一歩となるでしょう)があることをご存じでしたか。

小さく平坦なシミは紫外線が原因ですし、左右の頬にできるシミは女性ホルモンが原因で大聴く薄く現れるのが特長です。という理由で、あなたのシミは何が原因なのかを見極めてご自身のシミに合った薬をぜひみつけて下さい。メイク落としや洗顔後の、そのたったの10秒間がスキンケアの大きなチャンス(タイミングを逃さないことが重要だといわれています)タイムだということを知っておきましょう。

お風呂やシャワーの後ですとかきっちり洗顔を済ませた後の肌というのは、なんでも吸い込む、乾聞きったスポンジのような状態になっています。短いけれど、大切なこの10秒間に何もしないでいるのはとても残念なことですし、そんな大切な時に何もしないのは「肌にとって罪だ!」と言いたくなるほどです。

洗顔を終えたなら、素早くタオルで水気をとりたっぷりと肌に化粧水を与えてあげるといいでしょう。

Comments closed