Skip to content

日々、ちゃんと毎日髪を洗っていても

日々、ちゃんと毎日髪を洗っていても、頭皮の痒みや、フケが気になるという方は、ひょっとすると敏感肌かも知れません。その時は手もちのシャンプーを使うことを控えましょう。

敏感肌でも安全に使用できるシャンプーは添加物の入っていない石鹸です。余分な成分がカットされていて、髪にも最適で、刺激が少ないのです。乾燥肌にお悩みの場合、化粧水を使ってお肌にしっかり保湿をした後、乳液をちゃんと使い、化粧水で補給した水分をお肌に閉じ込めるようにします。また、からだの内側からも、水分を補給する事が大事なので、一日の間にだいたい2?の水を飲用するように努めてみてちょうだい。きちんと保湿をして、潤いのあるぷりぷりお肌を取り戻しましょう。

少し前にガングロが流行りましたが、再度、ブームが起こりそうな気配です。

一種の主張として落ち着き始めたとも言えますが、心配なのはお肌のシミです。人それぞれですが、ある程度ガングロをつづけてからガングロを卒業した場合、シミがガングロではなかった人よりも多く生じるように思われます。シミ・シワ・そばかすなどアンチエイジングの敵として最も影響力が大きいのは乾燥でしょう。

肌の深い部分の水分が不足すると、リフティング機能が低下して、たるみやしわとなって表れてきます。まぶたから目尻、目の下にかけては皮脂の分泌が少ないため乾燥の影響が表れやすく、シワやヨレが出やすいのです。

肌のハリを生み出すコラーゲン(人体に最も多く存在しているのは、I型コラーゲンだそうです)とかヒアルロン酸の減少も加齢により加速するので、フェイスラインのくずれなども増えやすいので、早めに対策したほうが良いでしょう。美肌を保ちたいなら、顔を洗う際は髪の生え際などの見落としがちなところまで、きっちりとすすぎ終えましょう。すすぎ終えたら、タオルをやさしく押さえ当てるようにして水気を拭き去ります。

万が一にも、強く押し付けることはしないでちょうだいね。むろん、清潔なタオルの使用が、見込まれています。多彩な人を見て、個人的に実感してることですが、顏のシワがはっきりしてくるのはだいたい38歳くらいかなと思っています。この年齢になってくると、中々身体の疲れがとれないことを実感しますし、目の下に横たわるクマとかほうれい線が顏の中で急激に目たちはじめたりもします。38歳になるまでは、肌の調子がすごく落ちていても、ちょっとしたケアをしてあげれば次の日の朝にはすぐに復活を果たしていたはずでしたが、38歳を過ぎたらお肌の調子が整うまで、かなり時間がかかってしまい、疲れた状態がつづいています。げんきになる日がくるのでしょうか。若いころに比べて、肌の衰えが目立ってきたかも知れない、そのような方にはスキンケアで若返りましょう。一番有効なのは保湿化粧水をたっぷり使ってお肌をしっとりさせることです。渇きはシワや原因になりハリがなくなりますので、ヒアルロン酸配合の化粧水で、しっとりさせる事が重要です。話によると、一旦できてしまったお肌のシミは、簡単に消すことは難しいとたくさんの人が考えているようですが、それはあくまで、家庭でのスキンケアに限った話です。レーザーなど、美容クリニックで「治療」をして貰えば簡単に消えるはずです。

当然、費用も必要ですし治療した後もケアが必要ですが、シミというコンプレックスをもちつづけてしまうよりは勇気を出して、クリニックでの治療を受けてみてもいいと思います。

肌荒れ、とくに肌がかゆくなる原因は皮膚炎やアトピーであることもよくあります。

しかし、肌が乾燥しているということが原因になっていること持たくさんあるのです。

とり所以日本の冬は乾燥しますから、テレビでも乾燥肌のかゆみ用クリームのCMをよく見ます。

これらを使用すると、かゆいのが治ることが多いですが、すぐ治らなければ皮膚科を受診することを提案します。キメが細かい肌と言えば、もれなく美肌を指します。キメとは、肌の表面に走る皮溝という細い溝と、皮丘という、皮溝で分けられた盛り上がり部分の連続によって、構成されています。キメが整っている肌を見ると皮溝に囲まれた皮丘に水分がふくまれ、形も均等によく揃っているものです。ところが、身体の表面を覆う表皮が水分を失い、乾燥しきって荒れてしまうと、皮丘はその形を乱し、キメは崩れてしまいます。

表皮の荒れを放置しておくと、表皮のもつバリアの機能もどんどん低下しますから、表皮が覆う真皮もそのうち傷つくことになります。傷んだ真皮が肌をしっかり支えることができなくなり、こうしてシワが増えていきます。