Skip to content

顔にできたシミが気になるなら、まずは日

顔にできたシミが気になるなら、まずは日頃のスキンケア(毎日コツコツを行うことが大切ですね)によってシミを撃退したいと考えますよね。

しかし、それでは解決しない時はレーザー光線などによってシミを消す方法(あれこれと議論するよりも、実際にやってみて試行錯誤を繰り返す方がいいこともあります)もあります。

エステのメニューの中には特殊な光を使い顔にできてしまったシミに対応したメニューを行っている店舗もあるのですが、美容外科などでは、もっと強力なレーザー光線による治療でシミ消しが可能なのです。

角栓によって毛穴がふさがることが、ニキビが出来てしまう所以のひとつです。ついつい指で角栓を押して出してしまいますと、それが原因でニキビ跡となってしまいます。

角栓が出来てしまわないように、それを悪化させないようにするには、しっかりした保湿をすること、余分な皮脂を毛穴に溜めないことが大切なことなのです。キュッと毛穴を引き締めるために収れん化粧水でのケアを行なう方もいますね。これは皮脂の分泌をセーブしてくれて爽快感もしっかりと感じ取れるので、特に暑い夏には欠かせないアイテムです。

使うタイミングは洗顔後に普段の化粧水、そして乳液を使ってから、その後に使うようにします。

たっぷりとコットンにとって、下から上に向かって入念にパッティングをしてあげましょう。シワができやすい肌質というのは確かにあります。簡単に言うとそれは皮膚の薄さによるものです。

肌がたるんでいたり、ヨレっとしているような気がしたら、闇雲に手入れするのではなく、肌質を見つめ直してみましょう。

部分的に白く粉っぽくなるほどの乾燥肌なら、気をつけるべきです。普通に保湿していても水分を保持する層(表皮)が薄いので、乾燥しているところからどんどんハリが失われ、シワになっていきます。以前は大丈夫だっ立としても、肌の厚みは年々薄くなっていくので、自分の現在の肌質と年齢に合ったケアを意識しておくのがいいでしょう。

早いうちに適切なケアをするのが肝心です。実はニキビは10代までの若い子だけの言葉で、20歳以上になるとニキビと言ってはいけないなんて言われることが多いです。ちょっと前に、久々に鼻の頭に大きな吹き出物が出来てしまったので、主人に、「ニキビができたの」と見せると、笑いながら、「もうニキビなんていう歳じゃないのに?」と、バカにされました。近年では、美容家電の普及が広がり自宅にいながら手軽にエステ並みのスキンケア(毎日コツコツを行うことが大切ですね)ができるのがとても嬉しいです。私はエイジングケアがか可能な家電に興味があります。若いうちからコツコツとエイジングケアを施していると、2,3年後にはお肌の違いが表れてくるかもしれない思うので、努力しています。シミ対策などのスキンケア(毎日コツコツを行うことが大切ですね)には、体の内部のメンテナンスも重要です。美白に効果を発揮するというビタミンCは、レモンやパセリ、ブロッコリーなどにいっぱい入っています。あと、お肌の保湿機能が低下するとシミ発生の引き金にもなりかねないので、コラーゲン(動物にとっては、建物でいえば骨組みにあたる細胞の土台のような役割を果たしている繊維状のタンパク質です)満載の、牛スジとか鶏皮、豚骨、鰻を食べるのがいいでしょう。

シミ対策ばかり考えた食事や、生活にこだわりすぎず、幅広く栄養をとっていくことも大事です。基礎化粧品(次から次へと新しい技術、新しい成分が開発されて新商品がでますね)で初めて使うメーカー品のものは自分のお肌に打ってつけのものか判明していないので、使用するのに少し考える所があります。特に店頭でのチェックでは分かり得ないこともありますから一般的よりも少し小さいサイズで、お得なトライアルキットの類があれば非常に嬉しいです。テカリが気になる肌の場合、潤いが十分な肌に見えますが、実際は潤い不足な状態、というケースを多く目にします。肌の表面にカサツキが見られないのは、オイリー気味の肌は皮脂の分泌が過剰気味に実行されていますので、外側のカサツキには至らない傾向にあるためです。でも、この皮脂がが原因でお肌がトラブルを起こすことになりますよから、洗顔をすることで、適度に減らすことが必要です。甘いものはつい食べてしまいがちですが、お肌のために控えてちょーだい。糖質は、お肌がくすみ、老化を早める原因になるのです。体内で糖分がタンパク質(極端なダイエットで不足すると、体調が悪くなりますし、見た目もボロボロになります)と反応し、老化の進行を加速させる糖化物質が全身にたまってくるのです。お肌のコラーゲン(動物にとっては、建物でいえば骨組みにあたる細胞の土台のような役割を果たしている繊維状のタンパク質です)が糖と結合することで、いわゆる黄ぐすみになったり、シミやシワ、たるみの悪化を招いたりする結果になりかねません。