Skip to content

私の母親は数年前からできてしま

私の母親は数年前からできてしまった顔のシミに悩みを抱えていました。そのできたシミが大きさは十円玉くらいのものが一つ、少し小さいものが何カ所かところどころ両頬にできていました。1年ほど前、お母さんの美肌友達より「シミには発芽玄米が効果的」と聞き、さっそく毎回の食事に取り入れました。それ故に、シミは薄くなっています。

スキンケアしているのに肌が良くならないと思ったら、洗顔直後の肌ケアを見直してみましょう。洗顔し立ての肌や入浴後の肌は、弾力があって充分な湿度があるようですよね。

だけど本当は、表面上だけで、そのあとすごい乾燥が迫っているとしたらどうしますか?ひび割れした地面やパレットの上の絵の具を想像してみてちょーだい。

あれだって元は潤っていたんです。

持と持と潤ってい立ところが急に乾燥すると、表層部分では過剰な反応が起きます。

いわゆるシワです。

上手に使えば絶好の保湿タイムである洗顔直後は、顔を拭いたら時間を置かずに低刺激で潤い効果の高い化粧水で本格的なお手入れ前のファーストケアを施してあげましょう。ガングロというと懐かしいような気もしますが、ここにきて二度目のブームの予感です。

一種の主張としてなじんできたのかも知れませんが、心配なのはお肌のシミです。あなたがたが同じってわけではないでしょうが、ガングロを卒業するとより多くのシミが通常の場合より生じるように思われます。お肌の脂分が汚れを付着させたり毛穴を塞いだり、黒ニキビになることもたくさんあるようです。

何度も肌のトラブルを繰り返すことにより、シワやシミ、たるみの要因となります。肌トラブルを防ぐためにポイントは洗顔です。とにかくたっぷりの泡できめ細やかな洗顔をするようにしましょう。

ただし、一日に何回もの洗顔は、反対に肌を傷めてしまいます。肌荒れの際に化粧するのは、少し考えますよね。メイク用品の注意書きにも肌に異変を感じるときは、使用中止と言われていますし。

でも、UV対策だけは必ずしておくべきです。

化粧下地やパウダーなどを軽く付けておいた方が良いです。

そして、なるべく紫外線に当たらない生活を心掛けましょう。

乾燥肌の人には保湿することが大切です。

重要なのは体の外からも内からも怠らないでちょーだい。体の外からという意味は、肌に直接水分補給を行って、保水を行うと言う事です。顔を洗う際には低刺激のものを使うか、洗顔料なしでぬるま湯によって軽く付着した汚れを落とすように洗顔しましょう。

軽く顔を洗った後には、すぐに保湿することを忘れないでちょーだい。

実は、お肌の悩みとして多くの人が挙げるのがシミです。シミの主な原因として言われているのが、日焼けなどの刺激が加わってお肌が赤みを帯び、それが変色して、色素沈着が起こってしまうからなのです。日焼けだけではなく、ひどいニキビによる炎症の跡も残念な事に、シミの原因になってしまいます。

手抜き無しのUV対策に取り組むことやいつもより肌とむき合いながらスキンケアするだけでも、シミ予防の効果を期待することが出来ます。あとは、食生活でシミ予防を意識することやサプリメントなどの力を借りて積極的にビタミンCを摂るのも自分でできるシミ対策として有効でしょう。

昔は気にしていなくても、年々、肌のシミが気になり初めるものです。

シミ対策に悩んでいる方には、漢方を試してみませんか?ただ、漢方の効用はダイレクトにシミに効くというよりも漢方で代謝アップすることで、シミとなる成分が残らなくなったり、シミ改善も手伝ってくれます。

体調が整いますから、シミ対策だけでなく健康的な体も望めます。最近のトレンドと言ってもいいのでしょう、各種の雑誌で記事になったりしている、ファスティングダイエットをしてみ立ところ、なんと3キロもの減量ができました。

きれいになりたい、というその一心でファスティングをがんばったのですが、改めて鏡の自分の顔を確認してみたら、身体はすっきりしたようですけど、肌、というか顔にしわが増えたかも知れません。しわが増えたことと、ファスティングダイエットとどう関係しているのかわかりませんが、タイミングとしては何とも言えませんから、今のところはとりあえず、スキンケアを頑張りたいところです。毛穴などが目立たないきれいな肌を保つには乾燥させないことがとても重要になります。

水分の足りない肌の方は日々の基礎化粧品でしっかり保湿してくれるタイプを選んで肌にたっぷり水分を与えてあげましょう。

洗顔で汚れをきちんと落としたら間をあけずに化粧水をつけて肌を保湿して、そのうえから乳液やクリームをつけて水分をキープしましょう。